• EMI MITSUDA

断捨離の真意(続き)

最終更新: 4月21日


ラトレアの光田恵美です。


今日は、昨日書いた断捨離の真意 の続きです。


私が思う断捨離の真意は、

「今の自分に要らなくなった鎧を脱ぐ」

事だと書きました。


鎧を脱ぐ、つまり “お家の大掃除をする” と言ってもなかなか進まない場合があります。


・鎧を脱ぐのが怖い

・鎧を脱ぐのがめんどくさい

・その鎧を気に入っている

・鎧を脱いだ事がなく脱ぎ方が分からない

・エッ?鎧って何?着てたっけ?


など。


お風呂に入る前にこんな事を言っていたら、いつまで経っても入れないので、だんだん臭ってきたりして不快になりますよね。


そんな時は、「どうにかして脱いでいく事」と「それを決意する事」が大切。


まずは身の回りのエネルギーを動かしてみる、という事です。

一度動かせば、しばらくは動いています。

それに乗って、また動かしてみる。

それをやっていくうちに、拍車がかかり、動かす事が当たり前になって、習慣化して、どんどん簡単になっていきます。

そして、楽しくなっていきます。


どんなにセッションしても、

どんなに人からアドバイスを受けても、

最後に決めるのは、自分自身です。


「決意」はとても大切です。


もちろん、いろんな人に助けてもらって良いんですよ。泣き言を言っても、カッコ悪くても、そんなこと気にしないで、そばに居てくれる人は必ずいます。

その人に感謝しましょう。

その人に助けてもらう事を選んだ自分に感謝しましょう。


自分を一番幸せにしてあげられるのは、いつも自分自身の決断です。



入間川近くの桜並木の参道



私の最近の決断は、ブログを出来るだけ毎日書く、です。


自分にとって当たり前すぎて、にわかには価値を感じられないことだったとしても、必ず誰かの助けになる、と信じています。



よかったらまた見てみてくださいね。

今日も一日お疲れ様でした。

そして最後までお読みいただき、ありがとうございます。



ラトレア 光田恵美